ピンクの花束

『逢いたい』をありがとう・・・・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きっとあなたを迎えに来るぅさ~

ずっと音楽と一緒、ずっと皆さんと一緒と言うことは間違いないと

ナ・ミ・ダ・デ・ル・・・ありがとうGOROさん!


そして聞こえてきたメロディーは「MUSIC」

鳥肌が立ちました・・・高校生の時、地元のコンサートのオープニングで聞いてから

ずーっと何十年も心の中にあるメロディーと歌詞です。想い出の曲です。

胸のドキドキが一段と強くなり、目頭が熱くなりました。

記憶している歌詞とGOROさんの歌われる歌詞とがぴったりで

よくこんなに時が経っているのに、忘れることもなく覚えていられるものだと

自分でも驚くばかりでした。それほどあの時のコンサートの曲は私の胸に残っているのです。

二日目は、この曲を歌われているステージが、あの日のステージとダブって見えました

1976.7.24のコンサートでした。


「水平線へ」の音が流れてくると、海の景色が広がって、心が穏やかになります。

不思議です、大好きな人が男のロマンを求めて遠くへ行ってしまう歌なんだけど

寂しさはあるけれど悲しくはないそんな感じ・・・。

いつも思うけど、どこかGOROさんとこの歌を重ねて聴いている。


今は、ライブやコンサートで年に数回逢うことができます。

きっと、ステージが終わる頃歌われるこの曲に、きっとまた逢えると

夢を見ているのかもしれません。


また、逢いたい・・・できれば、いつか逢いに来て欲しい・・・。



2017.4.30 ~ 5.6 GORO Live Station -TakeThe ’G’ Train Ⅲ- COTTONCLUB

スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 10:56:00|
  2. GORO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

争奪じゃんけんと小悪魔ともみ

ライブが始まる前にヂュエットのお誘いをブログでされました。

情報を見て、早速車の中で歌いました、結構イケてる(笑)

いよいよその時間がやって来て、挙手した人で「東京ナイトクラブ」のデュエットをかけて

争奪じゃんけん始まりまして・・・えっ私?大人しくしてました。

ステージに上がられた方は、ド緊張されておりました、小刻みにプルプル震える方と

緊張しながらもお色気を絞り出すようにプンプンまき散らす方でした。

ある日は、G友さんもデュエットされたと聞いて、あ~私も手を挙げればよかったな~

なんて思ったのでした。


ともちんが花束をもってやってきました、めちゃめちゃ喜ぶGOROさん・・・(-_-;)

ライブが終わってG友さん、「GOROさん、ホントに嬉しいんだろうか?」って

ちょっと悔しいし、「ともちん、もうすぐ新曲が出るし、話題が欲しいんじゃない?

GOROさんも、企画戦略としては悪くないしね・・・。」って、

半分企画だよと言わんばかりの私、強がりだけど・・・^_^;

そうしたらあくる日、ともちんの新曲PVにいいねポーズが欲しくて

スタッフの人とかがたくさん来て撮って行ったと、ちょっとガックリされていて

「ほれ~~~やっぱりそうでしょ~~~」とニンマリしちゃったのでした。


目の前で、ともちんと五郎さんの姿を見ていたけれど、

ともちんの目は小悪魔のようだった・・・「GOROさん大好き!」

と言うより「GOROさん、私のことが好きでしょ!」そう言っている目だった

おっさんはそんな若い子にすぐ騙されてしまうことを、

大人の女はみんな知っている・・・ハハハッ!


 

2017.4.30 ~ 5.6 GORO Live Station -TakeThe ’G’ Train Ⅲ- COTTONCLUB

  1. 2017/05/08(月) 09:56:00|
  2. GORO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夏、久しぶりだぁ~!

生で聴くのっていつぶりだろう~「真夏の夜の夢」

近年、夏のDSで歌われたことがあったけど・・・。

カックラキンの収録で、ライトをギターに反射させながら弾いてたんだよね~。

それまでシリアスな感じでちょっと影があったり、

眉を顰めたりしてTVで歌うことが多かったGOROさん、

ギターを持って水を得た魚のように、キラキラしながら跳ねながら歌う姿が

眩しかったな~。

私の大好きなもう一つの姿が、シングル曲になってTVで世に飛び出しました!

ギターを弾かれる姿が大好き(#^.^#)

そしてこれまたこの曲のギターがかっこいいのだ!

久しぶりに生で聴いて嬉しかったのです。


「ノー・ノー・ボーイ」日替わりのリズムは

ソフトレゲエバージョンと軽い演歌バージョン聞きましたよ

ソフトレゲエはそれっぽく、軽い演歌は・・・

「演歌入りましたぁ~」と一度は言ったものの暫く悩む大久保さん

GOROさんの「やってみぃ~やってみぃ~」で心を決めて、

も一度「演歌入りましたぁ~!」

ん~演歌のドラムってこんな感じかい?と思いつつ

GOROさんの演歌調の節回しとギターのタンタラタンタンが演歌でした(笑)

「どこが演歌じゃ~~~~!」ってさ!


「as time goes by」は、スタンダードジャズのアルバム「ALL OF ME」でも歌われていた曲

以前かまやつさんがお話しされている音楽番組を見ていて、

自由でノリノリの部分しか知らなかった私はギャップを感じて驚いたのでした。

凄く深く音楽を語っておられました、生まれた時からかまやつさんにはジャズがあった、

本物がわかるおしゃれで素敵な方だとその時思いました。


英語の生歌、おっとな~っぽ~い・・・って、大人だけど・・・(笑)




2017.4.30 ~ 5.6 GORO Live Station -TakeThe ’G’ Train Ⅲ- COTTONCLUB

  1. 2017/05/08(月) 08:56:00|
  2. GORO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GOROスペの音


海外録音盤から曲が続きました。

海外録音盤もこうやって聞くと、それぞれのカラーがあることを感じます。

東と西とミックスと・・・。大都会と自然と・・・。


GOROスペメンバーが少しずつ変わっていきます。

大好きな醍醐さんや清水さんの音が聴かれないのは少し寂しい

だけど新しいメンバーの音も刺激的です。

初めての馬谷勇さんのギターは、個性的でしっかり主張してくるんだけど

GOROさんの邪魔にならないって言うかなんて言うか・・・空気が読めるって言うか

いきなりのGOROさんとのバトルは面白かったし、ふっとい音を弾かれたかと思うと

あっさりした音だったり、アコギも凄く良くて、メンバー紹介ではネッチネチの弾き方だったり

これがまた新鮮に聴こえていい感じでした。

GOROさんの斜め後ろっていうのも良かったな~。

出戻り(笑)の大久保さんのドラムもメリハリがあっていい~ね!って思うのです。

GOROさんの歌の伴奏って感じじゃなくて、派手に地味にいいリズム刻んで

きらりと光る音(リズム)をチラッと入れて、華やかに音彩って・・・。

いつものメンバー眞理さんも伊藤さんも、色っぽくなったな~(#^.^#)

詩織さんの若い音もそのうち色っぽくなるのかな~。


それぞれの個性を十分感じながら混ざり合っている音がかっこよくて

私の大好きな音でした~ズンっとしてた (^^♪ 素人の感覚ですけど~。


あっそうだ、メンバー紹介の途中でたまに(?)GOROさん叫ぶでしょ、「あぁ~!」って

そしたら私の斜め前の席の人が「えっ!」って声をあげたのがおっかしくて可笑しくて

びっくりしたのかな~(笑)


「愛がメラメラ」

なんか歌いながら、ニンマリしてたな~GOROさん


2017.4.30 ~ 5.6 GORO Live Station -TakeThe ’G’ Train Ⅲ- COTTONCLUB

  1. 2017/05/08(月) 07:56:00|
  2. GORO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一人では生きていけないのです

「ボトル・レター」

いつも行く地元の海の景色が、頭の中に浮かびます。

この曲と「水平線へ」は景色が浮かぶんです、碧くて広くて・・・夢を見て・・・^_^;

LIVEの時って、コーラスが無いでしょ、だからいつも心の中でコーラスやって参加してます。

言ってみればこの時は私も、“GOROスペバンド”の一員、なんちゃって!

いつも通り、コーラスってました私

そしたら、コーラスの声が聞こえてきました。

思わず心の中のコーラスをストップして、ステージをキョロキョロ見渡したんです。

明らかに女性の声なので、眞理さんと詩織さんをチェック・・・歌ってません。

ひょとして録音されてる声? ん~伊藤さん?

ひょっとしてキーボードでコーラス弾いてますか・・・と、ジーッ見ておりました。

コーラスは1番と2番の間の間奏だけで、最後は無かったと思うのです。

伊藤さんが爽やかなサックスソロをされてましたから・・・やっぱり怪しい伊藤さん


「少女よ」

昔から、歌詞の意味を深く理解しようとしていなかったのです。

音で聴くタイプの人間だったから・・・。

この曲は、歌詞全体というより、ポツリポツリと言葉が胸に残ります。

♪足のくびきを解いておあげ

♪生きて行くことはいつも捕らわれの身 自由になりたいともがく魂よ

♪生きているから血が通うから花はあんなに美しいのさ

♪人を押しのけて誰も生き延びていく 自由になりたいともがく魂よ

♪地球の上でせめて束の間抱き合おう

大きな意味で、地球に住む人類のエゴとか、個人レベルでの我儘とか・・・。

聴く時の心理状態で、心への響き方が違うのですこの曲

「自由になりたいともがく魂よ」今回はこのフレーズが気になって気になっ

て思わず涙がポロリと落ちました。

日常を飛び出して自由になりたいと願う私と、

ある人を縛りつけていたいと願う我儘な自分と・・・。

いろいろ・・・一人では生きていけないのです。


2017.4.30 ~ 5.6 GORO Live Station -TakeThe ’G’ Train Ⅲ- COTTONCLUB

  1. 2017/05/08(月) 06:56:00|
  2. GORO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。